news2

ヤフーに買収される・されないで世間を賑わせたY!mobile(ワイモバイル)が8月1日からついに本格始動だ! 本日同社は発表会にて今後提供するサービスならびに新料金や新端末を発表した!そもそものニュースが報じられてから期間が空いてしまったので、過去の記事を掘り起こしつつ今後の展開について紹介する! 簡単な振り返り:ワイモバイルが誕生するまで そもそもワイモバイルはどういう会社であったか覚えているだろうか。結論から言うと、イー・アクセスとウィルコムが合併したことによって作られた新会社。 今年の3月、電撃ニュースが世間を賑わせた。あのヤフーが通信キャリア事業に参入すると発表されたのだ。その時書いた記事は以下の通り: 【関連】Yahoo! JAPAN、「Y!mobile(ワイモバイル)」として通信キャリア事業に参入することを発表! ただし、その2ヶ月後にヤフーは通信キャリア事業には参入せず、イー・アクセスの買収はしないことが発表された。 【関連】【速報】Yahoo! JAPAN、通信キャリア事業への参入は白紙へ!イー・アクセスの買収を中止することを発表! 結果的にイー・アクセスとウィルコムは合併し「ワイモバイル株式会社」が生まれ、ヤフーには買収されず密接な連携をすることに決まり、ついに8月1日から本格始動することが決定したのだ。 通信キャリア「ワイモバイル」の新端末・新料金プラン 「結局ワイモバイルとは何なんだ?!」という人は、今あるドコモ・KDDI・ソフトバンクに加え、新たに「ワイモバイル」と言う選択肢が増えたと考えて問題ない。通信キャリアが1つ増えたのだ。 通信キャリアとなればそのキャリアの保有する電話回線を利用できる端末やそれらを利用するための料金プランがある。本日どちらも発表されたので、載せておく! ワイモバイルの新しい料金プラン 【img via Y!mobile】 ワイモバイルの料金プランは上記の通り。「使い放題」と書かれているが、これはあくまでも通話料のことを指していて、データ通信量のことではない。例えば一番左の料金プランであれば1GBの範囲内できる通信できるデータは自由に使っていいということだ。超過分は500MBにつき500円。 通話に関しては、1回あたり10分以内の国内通話が月300回まで無料となっている。大抵の人はこれで事足りるのではないだろうか。 Y!mobileの新料金の詳細についてはプレスリリースもどうぞ! ワイモバイルの新しい端末7機種 発表されたワイモバイルの新端末は「STREAM S 302HW」「DIGNO T 302KC」「Pocket WiFi 303HW」「STOLA 301KC」「BISINESTA 301JR」「CRESTIA 402KC」「LIBERIO 401KC」の7機種。 それぞれのスペックなどについてはプレスリリースからどうぞ! ヤフーの提供するサービスとも連携 サービス提供開始にあたって当初買収するはずだったヤフーとは予定どおり密に連携しているようだ。「Yahoo!ボックス」のストレージ30GBを無料配布や、サービスの利用料ごとに通信量を無料で獲得できる「パケットマイレージ」というサービスを提供することも発表されている。 来月から本格始動するY!mobile(ワイモバイル)。サービス提供後の初速や獲得するユーザー層など、今後の動向に注目だ! (via RINGO-SANCO)

中国のソニー愛好家フォーラム Digi-WO に、

iPhone の次期モデル「iPhone 6」のメインカメラには、1080p(3840x1080)ビデオ撮影に対応した、1300万画素の1/2.3インチ “Exmor RS” CMOS イメージセンサー「IMX220」が採用されるようだとスクープを投稿しています。

ま…

Nowhereelse.fr が、

iPhone の次期モデル「iPhone 6」のバッテリーとされるリーク写真を掲載しています。バッテリー容量は「1810mAh」と書かれています。

iPhone 5s のバッテリー容量は「3.8V 5.92Whr(約1558mAh)」、iPhone 5c は「3.8V 5.73Whr(約1508mAh)」、…

iPhoneがアップデートする度に必ず性能も向上しているのは搭載されているカメラ。iSightカメラ(外向き)にせよ、FaceTimeカメラ(内向き】にせよ、基本的には性能が改良され、スマートフォンのカメラであるにも関わらずコンデジ不要説を唱えたくなる美しい写真撮影を可能にしてきた。 【関連】「iPhone 6」は800万画素カメラを搭載し、改善された手ぶれ補正機能を搭載か?! これまでiPhoneは競合他社が1,000万画素以上のカメラを搭載する中、画素数は800万画素に据え置いてきたが、ついに「iPhone 6」ではそれが変わるかもしれない。本日、小龍茶館が得たAppleの内部事情に詳しい中国からの情報によると、「iPhone 6」は1,300万画素カメラを搭載する可能性があると報じている! Appleもついに1,000万画素超えのカメラを用意か?! 情報元によると、「iPhone 6」に搭載される1,300万画素カメラはソニー製1/2.3″ Exmor RS CMOSセンサーを採用。センサーそのものは「Xperia Z2」に搭載されているものと同様のものだが、AppleはiPhoneに最適化されたオリジナルのものを特注しているとのこと。 他にも次期iPhoneのカメラは外部レンズがマウント可能になるという情報もあるそうだ。これは以前、「iPhone 6」のプロトタイプがFoxconnの向上から流出した時の写真に写っていたiPhoneのカメラ部分が突出していた頃から噂されている内容と一致している。ただし、既に「iPod touch」の最新モデルも同様の作りになっていることから、信ぴょう性は定かではない。 これまでも「iPhone 6」に関するカメラの噂は色々と浮上している。1月頃には手ぶれ補正機能を搭載した800万画素カメラになると言われ、3月頃にはf値2.0の800万画素カメラを搭載すると話題になり、6月には5.5インチモデルのみ光学手ブレ補正モジュールを搭載すると噂されている。直前まで正確な情報は分からないが、少なくとも「iPhone 6」のカメラは「iPhone 5s」よりもパワーアップするということで楽しみに待っていましょう! (via 「気になる、記になる…)

ゆうちょ銀行は16日、セキュアブレインから、JP BANK カードを含むカード会社を攻撃対象とするコンピュータウイルスについて注意喚起が発表されたことを同行WEBサイトで告知した。同ウイルスは、Webサイトに不正な画面を表示し、会員番号・セキュリティコードなどの情報を入力させ、顧客の情報を盗み取ろうとするものという。

ついに新型「iMac」が登場するかもしれない…がRetinaディスプレイモデル心待ちにしている人はもう少し我慢する必要がありそうだ。 【関連】ついに来るか?!Retinaディスプレイ搭載「iMac」に関する記述が「OS X Yosemite」で発見される! MacGenerationによると、新型「iMac」は来週中にリリースされると報じている! 「Haswell Refresh」を搭載し、「Thunderbolt 2」に対応?! Retinaディスプレイモデルを心待ちにしているのであれば、来週中に発表される可能性がある新型「iMac」は期待外れかもしれない。というのもRetinaディスプレイの搭載はなく、先日発表された「MacBook Air」と同様にCPUのクロック数が100MHz向上し「Haswell Refresh」にアップグレードされるのみに留まる模様。 「Thunderbolt」ポートが「Thunderbolt 2」になるとも言われているが、他には目立った仕様変更は明かされていない。少なくとも現時点で店頭にある最新モデルを持っている人は来週新モデルが発表されたとしても華麗にスルーして問題無さそうだ。 Retinaディスプレイ搭載モデルは年末だろうか、それとも年明け…? (via 気になる、記になる…)

5月8日にサービスを開始した「LINE Creators Market」だが、多くのクリエイターが待ちに待ったプラットフォームの解放ということもあり、滑り出しは非常に好調のようだ! 【関連】「LINE電話」で通話するといくら?通話料金や料金プランをチェック! 本日、LINEはサービスリリース後1ヶ月で「LINE Creators Market」の販売総額が1億5000万円を突破したことを発表した! 登録クリエイター数は80,000人、登録スタンプ数は12,000セット LINEは「LINE Creators Market」のサービス開始に先立って4月17日から登録受付を開始。6月7日時点ではクリエイターの登録者数は8万人を突破、登録されたスタンプ数は12,000セットを超えているそうだ。 【img via LINE】 クリエイターが集まっているだけではなく、ユーザーもこれまでにないオリジナリティ溢れるスタンプが提供開始されたことを喜んでいる人も多いようだ。サービス開始後1ヶ月で販売開始したスタンプは1,200セット。購入されたセット数はなんと170万セットでマーケット全体としての販売総額は1億5000万円にも上るという。 やはり人気のスタンプとなると売上額もずば抜けている。販売金額上位10位のスタンプの平均販売額は470万円。ただ、販売金額が1万円を超えるスタンプは全体の61.7%もあるようなので、幸いにも上位スタンプの1人勝ちという状況にはなっていないようだ。 【img via LINE】 「LINE Creators Market」で販売されたスタンプの利用回数はこの1ヶ月間で8,100万回以上。販売されたスタンプは販売額のうち、50%がクリエイターに分配される仕組みとなっている。 (via Linkman)

iPhoneのロック画面に、新たな脆弱性が発見されたようです。 この脆弱性は、ロックされたiPhoneのパスコードを簡単な手順で迂回し、直近に開いていたアプリの内容をみることができる、というものです。 実際に、最新のiO iPhoneのロック画面に新たな脆弱性〜パスコードの迂回が可能 was first posted on 6月 11, 2014 at 12:40 pm.©2013 “Touch Lab - タッチ ラボ”. Use of this feed is for personal non-commercial use only. If you are not reading this article in your feed reader, then the site is guilty of copyright infringement. Please contact me at kan.omi@gmail.com

Motorolaのまだ市販されていないスマートウォッチ「Moto 360」が米国のテレビ番組に登場したという情報が伝えられています。Moto 360が登場したのは米NBCの深夜トーク番組「The Tonight Show […]